かけがえのない時間

漫画

スポンサーリンク





東京在住のわたし

大阪在住の姉家族

富山在住の母と父

住んでいる場所がそれぞれ遠く離れているが、去年一年間の写真を見返すと、一月、三月、八月、十月、十二月・・・と母や父、姉親子に会っていた。

わたし達家族はものすごく仲が良いので、会っている時も「次は◯◯の温泉行こう」など、またすぐに会う計画をみんなで立てる。

わたしも姉もまだ30代と若いが、母と父は70代。いや、70代もまだまだお若い。

しかし、遠く離れた場所に住むわたし達には、親と会う時間がかけがえのない時間で尊く感じる。

だからこそ、時間を見つけては一緒に旅行したり、実家に会いに行っていた。それが一番の親孝行だとも思っていた。

去年までは。

今年は、コロナの影響で今年の一月、母が富山駅まで見送りに来てくれた以降会えていない。

高齢で高血圧、糖尿病の母。

父も同じく高齢で糖尿病。

家族に会えるのはオンラインのみ。

今は大切だからこそ落ち着くまで高齢の家族には会いにいかない事を選んだ。

会いたいなぁ

会いたいなぁ

この数日間、ひとりで部屋にいると毎日泣いてしまう。

子供の頃みたいにうわぁーん、と。

でも苦しいのは自分だけではないし、みんなみんな頑張っている。

きっと来年には会えると希望を持ちます。

あと今年も残りわずか。

前向きに、去年の年末ひとりで旅した時の話を漫画に近々描きたいなぁ。

こんな時期だからこそ、読んで楽しい気持ちになれるような漫画を描きたい。

今回は少ししんみりしてしまったけど、こういった気持ちも残しておきたい。

こう書きながら心って天気みたいだなぁと感じる。晴れたり雨が降ったり・・・。

ところで最近ブログのアクセスがかなり増えています。嬉しい驚きです。

いつもありがとうございます。

皆さまの幸せを心から願っています。

スポンサーリンク





スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました