バイト仲間の同い年の森田さん

漫画

森田さん、なぜに接客業苦手なのに飲食店で接客しているのか・・・と疑問をお持ちになられた方もいらっしゃるかもしれないが、れっきとした理由があるので、別の機会に描きます。

ちなみに森田さん、経歴がものすごいお方で、同い年でもわたしとまーったく違う人生を歩んでこられたので、森田さんの話を聞くたび新鮮で楽しい。

森田さんには好きに「漫画に描いていいよ」と言っていただいたので描くのが楽しみだ(笑)バイト先の店長を筆頭に「緑丘まこ」のペンネームがバレているので、森田さんには自らバラしている。そして、森田さんはめちゃくちゃ優しく、漫画やエッセイを読んでくださり一緒に働く時、感想も時々くださる。(ありがとうございます)

あと、森田さん、やっぱりご本人は接客に向いていないとおっしゃるがものすごく気配りもできるし愛想もよくはたから見たら本当に素晴らしい。動きにムダがない。むしろおおざっぱで、どじなわたしが見習いたいくらいだ。

振り返ると、バイト先のお店で一緒に働いていた方々にかなり恵まれているなぁ。

働き者の方々ばかりである。

今回は、バイト中いらっとするエピソードを交えたが、わたしはバイト先にご来店いただくお客様皆様大好きです。オーダーとる際、どれだけ待たされても(笑)

バイト先のほとんどのお客様が常連の方で、またこのお店にご来店してくださる事に感謝しかない。

何がよかったのかふと考える。

居心地が良い? 接客? 単純に家が近いから?

理由はそれぞれだろうが、常連になりご来店いただく事が本当に嬉しい。

常連の方に限らず新規のお客様ももちろん感謝感謝だ。

少しでも居心地の良い時間を過ごしていただきたい。

そう思いながら接客をしている。

自分にとって昔から外食の時間は特別な時間だからかもしれない。

家族、友人、恋人と外食する時も、ひとりで外食する時も。

とにかくわたしは接客業が大好きなので、元気があるうちはずっと接客業のお仕事をしていたい。

森田さんの話に再び戻るが、森田さんはわたしの漫画の感想で「周りに面白い友達いてすごいですね〜」みたいな事を言ってくださるが・・・・・・・・

森田さん、あなたも相当面白いお方です(笑)

また、バイト漫画時々描きたいな。

スポンサーリンク





スポンサーリンク



コメント

  1. […] バイト仲間の同い年の森田さん […]

タイトルとURLをコピーしました