トイレの話。

エッセイ

足の踏み場もあまりなかったワンルームマンションで同棲していたカップルが、夢の2LDKマンションに引っ越してはや九日目。

いまだにまだ寝室やリビング、作業部屋がある事が夢みたい・・・。

住んでいたワンルームマンションも大好きだったけど、二人で生活するには窮屈すぎた・・・。

新居に引っ越ししてきて数日が経ったある寒い夜。

サトル君がむくっと起きた。

そして

とぽつり・・・

気だるげそうにリビングをまたいでトイレへ向かっていった。

う〜ん

なんて贅沢(笑)笑ってしまった。

トイレが遠いのは、実は引っ越す前のわたしには少し深刻な悩みだった。

・・・真夜中のトイレがこわいからだ。

ワンルームマンションでの生活は、起きてニ、三歩でトイレにたどり着いていた。

しかし、新居では、寝室を出て、リビングを通って玄関をすぎやっとトイレにたどり着く。

確かに遠く感じるが・・・

わたしはこのトイレまでの道のりですら幸せをかみしめていた。

当初の不安とは裏腹に(笑)

トイレへ向かう途中は

リビングがある!

トイレから戻る途中は

寝室がある!

と。

幸せすぎるなぁ。

とにかく新居の住み心地は最高すぎて、今この文章を書いている瞬間もまだ夢なのではないか、と思ってしまう。

今日は新しい町を散歩してこようかと思います。

スポンサーリンク






スポンサーリンク




タイトルとURLをコピーしました