漫画

クリスマスの朝大号泣した話

五年くらい前に描いた漫画です。 あのクリスマスの朝は大号泣したが、今となってはほっこりすらするあたたかい思い出だ。 サンタさんが必ず来てプレゼントをくれるクリスマスは、一年で一番の楽しみだった。 お母さん本当にありがとう。 心か...
漫画

禁酒十八日目の日記

昨夜(禁酒17日目)の出来事です。 禁酒して以来、そこまでお酒を飲みたいと思った事はなかった。昨夜のあの風呂上がりの瞬間までは。 頭の中が生ビールの事でいっぱいになった。 髪をドライヤーで乾かすと、すぐさまスーパーへ向かった。 ...
漫画

禁酒十日目の日記

今日で禁酒十日目。 もちろん禁酒と豪語しているだけあってこの間一滴もお酒は飲んでいません。 わたしが今回禁酒を本気でしようと決意した理由の一番が「泥酔して記憶をなくすおそろしさ」であります。 昔はそこまで深く考えなかったが、後か...
漫画

禁酒九日目の日記

スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 今日で禁酒九日目。 この漫画に出てくる昨夜とは八日目の夜の事です。 この夜、精神...
漫画

禁酒八日目の日記

スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 先週の月曜日、大好きな人達と新大久保で大好きな韓国料理を食べながら飲んだ。 ...
漫画

森田さんの優しさ

バイト先でのお話。 さりげない優しさほどじーん、とくる。 森田さんをふくめ、バイト先で働く方々はみんな本当に優しい。 バイト先はネパール人、中国人、日本人が働いていて国際的なのも楽しい。 いつもありがとう。 さあ今日も頑張って...
漫画

ひきこもりだった頃に出会えたもの

ひきこもりだった頃に出会えたもの。それは美しい言葉たちが光の列になった「詩」だった。 こちらの漫画の中では本の名前を書いていませんが、あの時母が十五歳だったわたしのために図書館から借りてきてくれたのは 「詩とメルヘン」 という...
漫画

癒しと姉に言われた話

姉から癒しと言われる日が来るとは思わなかった。 どう考えても自分は〝癒し系〟ではないからだ。 ダミ声で、サバサバした性格で、どちらかというと男っぽい。それがわたしだ。 「愚痴とか聞いてくれるし」 姉はわたしに言った。 これはも...
漫画

コロナ禍の年末年始、ひとりで都内のホテルでシャンパン?

今年の一月上旬、正月を実家で過ごし東京に帰るわたしを見送りに母が富山駅まで一緒に出てくれた。 あの日の朝、母と駅前のカフェでコーヒー飲みながら 「次は春に金沢へ温泉だね。すぐに会えるからさみしくないね」 と一緒に笑っていた。 そう、...
漫画

バイト先の同い年の森田さんは旅人だった

飲食店のバイト楽しいです。ホールで働く日本人は森田さんとわたしの二人で、他は中国人の可愛い姉妹二人と中国人の男性学生一人が働いています。(シフトは基本二人でまわす) みんな仲良しです。 コロナの不安でしばらく休んでいた中国人の男子...
タイトルとURLをコピーしました