黒ニンニク

日記

先日、オーストラリアから親友のエリ(仮名)が一時帰国していたので数年ぶりに再会。

エリの実家に、夫婦で遊びに行く事になった。

エリと初めて出会ったのはわたしが十九歳の時。

エリのお母さん(ママ、と呼ばせていただいてる)とも実はわたしが十九歳の頃からのお付き合いである。

エリママはとにかくめちゃくちゃ優しい。温かい。エリ同様わたしの大好きな人。

エリママには漫画描いてる名前は秘密だけど、エリは知っていて、自ら「好きに漫画のネタにしてええで」と言ってくれる。

そのおかげで、「エリ」という名前で何度かわたしの漫画に登場してもらった事がある。

下ネタ満載なのでエリママには絶対に見せられない(笑)

このブログでは下ネタ控えているけど・・・。

昔わたしにクラブを教えてくれたのが一歳年上のエリだった。

心斎橋を一緒にクラブやバーをはしごしながら歩き回ったあの頃。

ニュージーランドやオーストラリアでもたくさん遊んだなぁ。

印象深いのは、オーストラリアにワーホリで行った時、クラブをはしごしている真夜中一緒にハングリージャックス(バーガーキングのオーストラリア版?)でチーズバーガー買って食べた事。

なんでもない出来事なのに、最近よく思い出す。

ふたりともとにかく性欲が強いところがそっくりで、わたしのよき理解者。

そしてあのエリが今年の一月可愛い女の子を産んで今や一児の母に。

赤ちゃんめちゃくちゃ可愛いかった。

お父さんはオーストラリア人。

いやー、わたしエリと血繋がってるわけでもないのに、姪っ子のような可愛いさでとにかくめちゃくちゃ可愛いくて仕方なかった。

そして驚いたのは、あのエリが出産後一切性欲がなくなったのだという。

昔、二十歳くらいの頃はエリからメールが来て「ハアハア、ヤリたい〜」と冗談ぽく、いや、野生的にメールが届いてたのに(笑)

いつからやってないん?と返信するとエリからの答えが「おとつい」だったのは大ウケしたな。

わたしもかなり性欲がひどかったのだが、エリに話すと逆にエリも大笑いしてくれる。

当時、病むくらい本気で自分の性欲の強さに悩んでいたけど同じ悩み?を抱えてるエリが笑い飛ばしてくれると気が楽になった。

性欲の強さに悩む心を理解されない人に笑われるのとはちょっと違って・・・。

わたしも、実は現在性欲がない・・・。

いきなり重たい話になるが、一月に妊娠、四月に流産してからずっと性欲がない。

流産してもう八ヶ月くらい経つのに戻らないわたしの性欲・・・。

そんな話も、エリには話せる。

先日はエリママがいたので下ネタはお互い封じていたけど。

お母さんになったエリに会えてすごくほっこりした。

また、エリママのエリへの娘愛が素晴らしい。

エリの幼少期の写真を見せてもらったり、ああ、愛されて大切に育てられてきたんだなぁとつくづく感じた。

Wほっこりした一日になった。

ランチはくら寿司ごちそうになって、夜はエリの家でエリママがすき焼き作ってくださった。

めーっちゃくちゃおいしかった。

こんないいお肉、なかなか食べられない。

お肉をまず焼いて生卵で食べる。最高な食べ方。

お野菜もたくさん。

赤ちゃんが寝た後、缶ビールを大人四人でゆっくり飲みながらすき焼きを一緒につついた。

もう家族みたいなあったかい感覚。

本当に幸せすぎる時間だった。

エリママが飼っている保護猫ちゃんと保護犬ちゃん達もめちゃくちゃ可愛かったなぁ。

赤ちゃんも本当に可愛すぎた。

くら寿司での一枚。エリは、わたしがyoutube始めた事を知っているので、赤ちゃんの顔出してええで〜と言ってくれるけど、自分(わたし)が顔出してないのに赤ちゃんだけ顔出しするのも申し訳ないのとやはりひと様の赤ちゃん。気をつかうので、後ろ姿だけ失礼します。

youtubeの撮影もしたかったけど、そんな暇ないくらい赤ちゃん可愛い可愛いしました。(意味不明ですみません)

この日もうひとつ嬉しかった事。

エリと共通の友人でもあり、わたしの親友でもあるデンマーク在住のヨウコ(仮名)と、エリの家からテレビ電話をした事。

久しぶりにエリとヨウコと三人で(時々エリママや赤ちゃん、ヨウコの息子君が参加)話せた。

ヨウコ、エリとはそれぞれ頻繁に連絡とってるのだけど、三人そろってはかなり久しぶり。

エリとヨウコは十数年ぶりに連絡とったかもとの事だった。

三人息子君がいるヨウコの末っ子君(二歳)とも話せて嬉しかった。

めーっちゃくちゃ可愛かった。

可愛いに溢れて幸せだった。

赤ちゃんや子供が大好きなので、癒されます。

流産直後は赤ちゃん見るのが辛かったけど、今は嘘のようにそのような辛い気持ちがなくなった。

むしろ、赤ちゃんの成長を友人がグループLINEとかで送って来てくれるとめーちゃくちゃ癒される。幸せのおすそわけをいただいてる気分。

とはいえ、流産した辛い出来事は一生残るし、今でもたまに思い出しては泣いてしまうけど、流産直後のピリッとしたような張りつめた?感情を抱く機会がほぼなくなった。

赤ちゃんや子供からパワーと笑顔をたくさんもらっています。ありがとう。

甥っ子姪っ子にも去年会ったきり。早く会いたいな。

では、タイトルの話。黒ニンニク。

エリママに、「そういやまこ、黒ニンニクは食べてるの?」と聞かれた。

ん??何の事?と思いつつ

「食べてないですよ〜」

と言うと

「あら〜そうなの。まこが五年くらい前黒ニンニクすすめてたからママ黒ニンニク作って毎日あれから食べてるのよ。最初は買ってたけど高いじゃないあれ。知り合いの農家の方がニンニク作ってるから売ってもらって・・・」

ええー!

びっくりだった。

確かに黒ニンニク、昔食べていた時期があった。

だけど黒ニンニクは高いので、あまり続かず一年か二年か忘れたけど食べるのをやめてしまった。

そして黒ニンニクをエリママにすすめた記憶も一切ない(笑)

自分が全く記憶がないのに、エリママはわたしがきっかけであれからずっと黒ニンニクを食べているのだという。

すごーく不思議な気持ちになった。なぜか嬉しい。でも全く覚えていない(笑)

この日、帰りにエリママからお菓子や洋服、お米などたくさんいただいてしまった。エリママ、優しすぎる。お菓子や食料がたくさんはいった荷物を送ってくださった事もあったな。本当のママみたい。

お菓子やお米以外にこの日エリママからいただいた物蒲生一つある。

エリママ特製の黒ニンニクだ。

超大量!!!!!

お菓子や洋服同様、嬉しい反面いただくのは申し訳なくて最初遠慮するのだけど「持っていって〜」とママ。

いや、改めて写真見てもやはりいただきすぎ。ママの愛と優しさたっぷり!!

翌日いただきました。

本当にちゃんと黒ニンニクになっててすごい。

驚いたのが、そのうまさ。

お世辞ぬきで、今まで食べた黒ニンニクの中で一番おいしい。

甘くてまるでボンタンアメを食べてるみたい。

ママ天才すぎる!!

今度会ったらママに黒ニンニクで商売するのをすすめてみよう。それくらいおいしい。むしろわたしが買いたい(笑)

黒ニンニク食べ出して以来、一度もこの五年間風邪をひいていないのだそう。コロナも・・・。

素晴らしい。

コロナは、人によって本当に症状が違う。

わたしは感染すらしない体質なのか、感染しても気づかないくらい無症状なのか分からないけど、周りの感染した人の中で重症化して二週間入院して7キロ痩せた人もいるのでコロナはただの風邪、とは思えない。

コロナはただの風邪、と言い張っていた知人もまたコロナに感染して5キロ痩せた事もあった。

本当に人によって症状が違うのだ。

知人で若くて健康な20代のカップルがふたりそろって感染した時も、彼女さんは39度の高熱が出たけど彼氏さんは熱も出ずほぼ無症状だったとか。

わたしはずっと接客業をしていたが全然風邪ひかないし、周り(昔働いていたバイト先の同僚達)がコロナ感染しまくる環境でもわたしはケロッとしてずっと元気だ。

流産後、ひきこもりで全然陽に当たらない生活で不育症の検査でビタミンD欠乏症と診断された時、半日だけ風邪ひいたけど。

免疫力を高めるにはビタミンD大切。

という事で最近はビタミンDの大切さを力説している。黒ニンニクのようにブームがあるのだが、ビタミンDはずっと続けたい。薬局やamazonで売ってる安いのでじゅうぶん!

わたしはいつもamazonでビタミンDを購入しています↓

ビタミンD飲んで、これからは黒ニンニク毎日食べて元気を保つぞー!

そして睡眠も大切。最近昼夜逆転ぎみなのでなおさなきゃ。

おやすみなさい。(もう朝です・・・)

youtubeチャンネル↓

https://youtube.com/@user-lj4zy8ym5g

まんが日記↓

緑丘まこのまんが日記集
Amazonの緑丘まこのまんが日記集のページにアクセスして、緑丘まこのまんが日記集のすべての本をお買い求めください。緑丘まこのまんが日記集の写真、著者情報、レビューをチェックしてください
日記
緑丘まこをフォローする
緑丘まこの日々
タイトルとURLをコピーしました